本文へスキップ

一般の方へ

はり・きゅうについて

鍼灸の歴史は、古代中国に発祥し、日本には奈良時代に僧侶たちに持ち込まれ、その後、漢方薬と
ともに明治時代に西洋医学が導入されるまで、日本の医療を支えてきました。
日本に入ってきてからでも1000年以上の歴史があり、多くの用法、治療方法が研究されてきて
おります。
したがいまして、鍼灸師が免許取得後、どのような流れの学術研修をしてきたかによって、鍼灸
治療院の治療方法に違いがあります。

当会は、はり師、きゅう師の国家資格を得た鍼灸治療を主とする方々の業団です。

鍼灸治療をご希望の方は、当会会員の治療院情報をご参照いただくか、メールにて
お問い合わせいただければ、症状に応じてお近くの鍼灸治療院をご紹介いたします。


↓↓こちらから全国の鍼灸院検索ができます。また、鍼灸に関する疑問など様々なことが
書かれています。保険適応に関しての情報も掲載されています。
日本鍼灸師会


はり・きゅうの保険について

はりきゅうの保険については、慢性的な疾患(神経痛、リウマチ、頸肩腕症候群、五十肩、
腰痛症、頚椎捻挫後遺症
)の場合、保険治療が可能です。

保険治療を受ける場合には、病院での医師の同意書が必要となります。

健康保険制度には、2つあります。

病院を利用する場合、健康保険証を持参し、検査・治療を受ける「療養の給付」という制度と、
健康保険証を持参せず、全額支払った場合、後日、保険者の方へ領収書を添付し、払い戻しを
受けるなどの「療養費払い」という制度があります。

「療養の給付」と「療養費払い」は二重に受け取ることはできません。

鍼灸は「療養費払い」の方での取り扱いとなります。

したがって、鍼灸を保険治療(療養費払い)で受ける場合には、同じ病名で病院での治療、
投薬(療養の給付)を受ける事はできなくなりますので、鍼灸治療期間は、病院の方を休んで
もらうようになります。
もし、鍼灸治療期間中に病院で、鎮痛薬、湿布など受けますと、鍼灸治療の方の保険料は
支払われなくなります。

ちょっと面倒でややこしい制度になっております。

このようなことから、保険治療を取り扱っていない治療院も結構ありますので、各治療院へ
お問い合わせいただければと思います。

自動車保険も扱えますが、各治療院にお尋ね下さい。

次の病気は、健康保険で鍼灸治療が受けられます。

神経痛 顔、肩、腰、足など、神経に沿って痛む
坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛など
リウマチ 手首や肘、膝、足首など、各関節が腫れて痛むもの
腰痛症 腰痛症、腰が痛む、腰が重い
例えば、変形性腰痛症、ぎっくり腰など
五十肩 肩の関節が痛くて、腕が上がらないもの
頸腕症候群 頸、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど
頚椎捻挫後遺症 頸の外傷、むち打ち症などの後遺症に
その他 慢性的な痛みのある疾患で、保険者が認めたもの

保険ではり・きゅう治療を受けるには

1)これからかかろうとする鍼灸院に問い合わせる
2)鍼灸院で同意書用紙をもらう
3)同意書をかかりつけの医師、病院等に持参し、必要事項を記入してもらう
4)同意書と保険証を持って鍼灸院へ行く

⇒保険で鍼灸治療が受けられます。

*同じ病名で、病院と鍼灸院を同時に治療は受けられません。
*一度の同意で治療が受けられる期間は6ヶ月間です。その後、6ヶ月ごとに医師より同意の確認が
 得られれば、継続して鍼灸治療を受けることができます。
*後日印鑑が必要です。

公益社団法人 宮城県鍼灸師会公益社団法人 宮城県鍼灸師会

〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生4-15-10
TEL  022-391-8297
FAX  022-391-8297
Mail  miyasinkai@yahoo.co.jp